名作の思い出を、絵で展示します。

  1. マンガ
  2. 635 view

五月と一陣の風『五等分の花嫁』

他人だけでなく、身内である姉妹にも敬語(丁寧語?)を使う、そういうキャラクター設定をされた五月です。

それだけに、物語後半で普通の言葉で話す彼女の変化は、感慨深いものがありました。

(本投稿をした2020年02月19日は、『五等分の花嫁』の最終話が掲載された、週刊少年マガジンが発売された日です。それを記念して描きました)

他の絵はこちら↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

アクセス解析研究所

Translate »