雪野百香里、戸惑いの視線『言の葉の庭』【絵】

学校にて、秋月孝雄と思わぬ再会。雪野先生には彼が学校にいること自体は分かっていたはずですが、当の秋月孝雄にとっては寝耳に水でした。

雪野先生は学校の教師であることを述べない方が、あの東屋でのやり取りができると思ったからでしょう。

となると、いつかは発覚する可能性に、彼女は気づいていたと思います。少し残酷な現実でした。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
Translate »