名作の思い出を、絵で展示します。

  1. ゲーム
  2. 237 view

牢獄のウィリアム『仁王(NIOH)』

ー史実では三浦按針という名前ー

舞台は西暦1600年前後、戦国時代の日本。主人公は日本人ではなく、銀髪で青い眼をした英国人、ウィリアムです。

『仁王』は、ウィリアムが鎧を着て刀を振るい、実在した武士や、妖怪と戦うアクションゲームです。(日本古来の有名な妖怪や、徳川家康や石田三成を始めとした有名な戦国武将が多数登場します)

難易度の高いゲームで、何度も落命して、大量の溜め込んだ経験値(アムリタ)を一瞬で失った時は呆然としますが、落命することで自分の中での経験値が増え、脅威だった敵を倒した時は、大きな達成感を味わえます。

『仁王』は新規ゲームソフトとして全世界で300万本と、異例の売り上げを記録しました(日本での発売は2017年02月09日)

他の絵はこちら↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

アクセス解析研究所

Translate »