名作の思い出を、絵で展示します。

  1. アニメ
  2. 526 view

瀧「俺、君をどこかで!」『君の名は。』

瀧は三葉のことを「お前」と呼んでいましたが、大人になって再会した時は「君(きみ)」と呼び方が変わっていました。社会人になってビジネスマナーを身につけたからでしょうか。(そうでないと『お前の名は。』になってしまうからですね)

本作は2種類の小説も出ており、1作は本編をそのまま小説にした新海誠監督が書いたもの、もう1作は外伝が複数収録された、加納新太さんが書いたものがあります。どちらもおすすめです。

他の絵はこちら↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

アクセス解析研究所

Translate »