『奇跡のリンゴ』木村秋則【絵】

不可能とされていたリンゴの無農薬栽培を実現した1人の農家の物語です。
何度も挑戦を続けた結果、ついに自殺決行に至りますが、自殺現場で見つけたある偶然により再起します。

読者は彼が最終的に成功することを知っていて読みますが、不可能に挑戦し続けた彼にとっては、出口のない暗闇をさまよい続けたものだと思います。

これから困難に立ち向かう人におすすめの1冊です。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
Translate »