名作の思い出を、絵で展示します。

  1. ゲーム
  2. 524 view

無明(波瑠)『仁王(NIOH)2』

『仁王2』で妖怪ハンター・ソハヤ族長の無明を演じる波瑠さんです。

感想ですが、ソハヤ族という部族は物語上、そんなに重要な位置付けではないように感じました。(また、物語を進むと時が過ぎていきますが、なぜか無明は外見が全く変わらず、歳を経ていないようです。『仁王』七不思議の1つです)

結論から申し上げると、本作『仁王2』は、前作『仁王』ほどの衝撃はありませんでした(オープニング動画も、前作に比べると少し残念な内容でした)。

(『仁王2』発売日は2020年03月12日でした(2019年10月31日発表)。発売元のコーエーテクモの話では、『仁王』はこれ以降は発売はないとのことでした。

戦国時代は、徳川家康に豊臣秀吉と、おおよそテーマに仕切ったからだということでした。

【追記】

2022年03月03日、三國志版「仁王」が発売されることが決まりました! 三國志をあまり知らない人でも、凶悪な妖怪が多数登場するので、『仁王』を楽しんだ人たちにとっては、最新版仁王という位置付けになると思います。ゲーム名は、中国語の『WO LONG』といいます。

他の絵はこちら↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

アクセス解析研究所

Translate »