あの名作の思い出を、絵で展示するサイトです。

  1. ゲーム
  2. 54 view

『仁王2』タイトルロゴ【絵・イラスト】

本作はパッケージにツノが記載してある通り、妖怪化が大きな要素として位置付けてあります。

前作『仁王』では武井咲さんと市村正親さんが起用された、お勝と徳川家康がパッケージに掲載されていたのに、2は無明役の波瑠さんと藤吉郎役の竹中直人さんが載ってなかったことから、妖怪化に相当な力の入れていたことが伺えます。

倒した妖怪の魂代を装備すると、その妖怪特有の技を使えますが、なぜか私は妖怪化も妖怪技にもあまり魅力を感じず、武器と防具を強化することでクリアーし、妖怪の力は使いませんでした。(妖怪化に頼らなくてもクリアーできます)

主武器は薙刀鎌で、能力開発では呪を上げると、薙刀鎌の攻撃力と、ついでに防御力も上がり、レベル150を上回ると、レベル1上がるごとに攻撃力が7から8上がる時があるので、火力に優れています。

武器・お守りに呪の反映をつけることもでき、1つの呪に特化してレベルを上げれば、高い攻撃or防御反応を得ることができます。

今回の主人公は自由にメイキングでき、性別も自由なので、温泉に入る動作が女性だとどうなるのか気になりましたが、なんとフンドシ姿でした!

波瑠さんもそうなのか……と思い、姿写して試しましたが、装備はそのままでした。

他の絵はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

グローバルサイトタグ

Translate »