雪野百香里(の涙)物語のラスト『言の葉の庭』

新海誠監督が書いた同作の小説では、映画のその後が少しだけ登場します。

秋月孝雄と雪野百香里が再会に向けて動き出す場面です。

なお、小説では章ごとに主人公が入れ替わり、雪野先生を退職に追い込んだ、問題の女子高生は「実はこうだった」という内容や、雪野先生の元彼氏・伊藤先生の視点からも描かれています。

小説では映画で語られていない真実が多く登場しますので、『言の葉の庭』を楽しむ順番は「映画→小説」をお奨めします。

(中にはラブホテルが登場する章もあります)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
Translate »