三葉と瀧の再会『君の名は。』

題名の『君の名は。』は、この最後の場面の為にある言葉でした。

数年振りに偶然再会する場面。名前は知らないけれど顔だけは覚えている。そんな2人が大都会の東京で再会するなんて、通常はまずあり得ないですが、そんなことを考えていたら、物語が成り立ちません。

人気作は、その可能性を無視しても違和感なく成り立つ力のようなものがあります。現に、そのことを突っ込みを入れず、大ヒットしたのですから。

同時に、本作は再会が大きなテーマだと思いました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
Translate »