カオナシ『千と千尋の神隠し』【絵】

マスコット的存在のカオナシですが、物語作成当初は「ハクの術で姿を消した千尋が見えて、ただ通り過ぎる何か」という設定だったそうですが、

作成が進むにつれて、のちに宮崎駿監督がキーパーソンに起用したそうです。

お面のような顔らしき物はあるのに、なぜカオナシという名前なのか不明です。


  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
Translate »